読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと色褪せないはずだよ

今日は全くジャニーズにもおたくにも関係なくて自分の気持ちの整理のためだけの更新。

今の仕事を学生時代のアルバイトから始めたのだけど、それこそ一番最初の高校生の時に仕事教えてもらってそのあとも社員になるまでの5年ほぼ一緒に働いてた人が、先日交通事故で亡くなったと聞かされた。

最初は何考えてるかよくわからないから怖いし、声低くてぼそぼそ喋るから何言ってるかわかんなくて怖いし…と怖いイメージしかなかった。

でも一緒に働いていくうちにプライベートの相談にものってくれるし、元気のない時には慰めてくれて、ほかの社員と喧嘩した時には仲介役をしてくれて、勝手にお兄さんみたいな存在にしてた。

朝、遅刻してきてその人の分まで仕事を時間内に片付けた日にはお財布奪って近所のケーキ屋さんで差し入れめいっぱいをバイトの先輩と一緒に買いに行ったのはとても良い思い出(笑)

お姉さんみたいに慕っていた人の送別会の二次会のカラオケも超楽しくて、ELTのいっくんに超似てるからってELT一緒に歌ったきがする。

その年の忘年会のなぞなぞ大会の意味わからなさとかも面白かったし、すごくまわりから愛されていた人で嫌いっていう人を見たことないしわたしも大好きだった。

…だった、って過去形にしなくちゃいけないの辛い。

9月に仕事辞めるっていう報告を同期にしにいったときにお店で会って少しだけ話したのだけど今思ったらもっとちゃんと話したかった。

ちゃんと辞める報告したかったし、お礼もきちんと言いたかった。

お世話になった身近な人が亡くなるっていうのが初めての経験で、会ったことのないけど親族と聞かされた大叔母、大叔父の葬儀くらいしかでたことなくて。どうやってこの気持ちの整理したらいいかわからないけど、私が泣いても仕方ないのはすごくよくわかってる。

今度はわたしが肉じゃがコロッケ上手に作るね。
謹んで哀悼の意を表します。